実践的なセキュリティ人材を育成する「 enPiT-Security」

「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT:エンピット)」は、高度IT人材の育成を目指す教育プログラムです。「セキュリティ分野」「ビッグデータ・AI分野」「組込みシステム分野」「ビジネスシステムデザイン分野」という4つの分野を対象に、大学・産業界の協力体制のもとで推進されるリアリティの高い講義や演習など、特色あるプログラムを通じて実社会においてイノベーションを起こすことができる人材を輩出します。
「セキュリティ分野(enPiT-Security)」では、11の大学が連携して運営するBasic SecCapコースを立ち上げています。これは喫緊の課題であるサイバーセキュリティ分野の人材育成を目標として、先進技術の知識に加え、理解・応用できる実践的能力の開発も含む人材育成を達成する教育を実施することを指向して、大学間連携による教育内容のダイバーシティと、産業界、あるいはセキュリティ関連団体との連携による実践的人材育成の教育コースを開発し実施する取り組みです。高度化する情報セキュリティの脅威を理解し、リスクマネジメントに必要な知識、基本的技術、実践力を備えた人材を育成します。

■ Basic SecCapコース

seccap logo

連携校によるネットワークで特徴ある講義・演習を相互に提供

enPiT-Securityの実践的人材育成コース「Basic SecCap」により幅広いセキュリティ分野の最新技術や知識を、体験を通して習得することができます。本コースでは、11の大学が連携して講義及び演習を「基礎科目」「専門科目」「演習科目」「先進演習科目」として開講します。各科目は、連携校相互、及び各地の参加校に提供されるため、多くの大学で実践的人材育成の教育を受けることができます。
Basic SecCapコースは学部3年生を主な対象とし、特に演習科目を重視し、各校がそれぞれ特徴的なPBL演習を用意しています。また、先進演習科目として、大学院インターンシップと先進PBL演習も提供され、より高度な能力を身に付けることも可能です。産業界の協力も得た多様なPBL演習により、実践的人材を十分な人数規模で輩出できる構造をとっているのが本コースの特徴です。
本コース修了者には、共同でSecCapコース修了を認定。コース修了者の輩出に併せて、成果普及、及び連携校・参加教員へのFDも目標としています。

Basic SecCapコース図表

■ Basic SecCapコースを構成する3つのレベル

Basic SecCapコースでは、所定の科目を履修し要件を満たした学生にコース修了認定証を授与します。
修了認定は3つのレベルに別れており、到達目標と内容を多様化させています。

Basic SecCapコースを構成する3つのレベル図表

■ カリキュラム構成

カリキュラムは「基礎科目」「専門科目」「演習科目」「先進演習科目」から構成されます。
「基礎科目」では情報セキュリティに携わる人材が身に付けるべき基礎知識を習得します。
「専門科目」は基礎知識を応用した総合的な知識を習得します。4つの大学で実施され、他校でも遠隔受講が可能です。
「演習科目」は学んだ知識を実践し、経験的知識を習得できます。多岐にわたるバラエティに富んだPBL演習が提供されます。
「先進演習科目」では高度な実践演習を通し、経験的知識を発展させます。大学院インターンシップ及び先進PBL演習からなります。

カリキュラム構成図表

■ enPiT-Security 連携校担当教員からのメッセージ

  • 東北大学
    大学院情報科学研究科・教授
    曽根 秀昭
    Hideaki Sone
  • 東北大学は、コースの中核拠点を務めるとともに、専門科目としてセキュリティ総論Aの講義を分野内に提供します。また、PBL演習のクラウド・セキュリティ演習と先進PBLの制御システムセキュリティ演習を企業等と連携して実施します。

 

  • 北海道大学
    大学院情報科学研究科・研究科長・教授
    宮永 喜一 Yoshikazu Miyanaga

    インターネットを通じて不正侵入されたとき、痕跡の記録と分析から、次の手を考えることができます。北海道大学ではそのための技法を中心として、実践的な内容を一緒に学んでいきます。
  • 北陸先端科学技術大学院大学
    大阪大学大学院 工学研究科・教授
    宮地 充子 Atsuko Miyaji

    北陸先端科学技術大学院大学では社会で求められるセキュアなシステム開発手法の本質に迫るPBL演習を提供します。脆弱性・脅威分析からセキュリティ対策の実装により最新の知識と技術の定着を目指します。
  • 大阪大学
    大学院工学研究科・助教
    蘇 春華 Su Chunhua

    大阪大学は情報セキュリティについて数理科学に基づく基盤理論から産業での実践的知識まで幅広く学べる科目を提供します。これらの科目で理論から実践まで幅広く精通したセキュリティ技術者を一緒に目指しましょう
  • 奈良先端科学技術大学院大学
    総合情報基盤センター・教授
    藤川 和利 Kazutoshi Fujikawa

    インターネットが社会インフラの一つとなった今では、情報セキュリティに関する知識・技術の習得が重要ですが、なかなか学習の機会がありません。このプログラムは、その第一歩になります。やる気があれば初心者の方も歓迎します。
  • 和歌山大学
    システム情報学センター・教授
    内尾 文隆 Fumitaka Uchio

    セキュリティを含むネットワーク・コンピュータシステムのトラブルシュートには、知識だけではなくこれを使いこなすスキルを身につけることも肝要です。自分の手の届く範囲の人たちを少し幸せにするチカラを身につけましょう!
  • 岡山大学
    大学院自然科学研究科・教授
    横平 徳美 Tokumi Yokohira

    強固な社会基盤の確立のためにはセキュリティ技術は必須です。セキュリティ分野の学問領域は広いですが、岡山大学では、暗号ハードウェアやWebサービス等のセキュリティに関する演習を実施します。皆さん、一緒に学びませんか?
  • 九州大学
    情報基盤研究開発センター・教授
    岡村 耕二 Koji Okamura

    セキュリティに関する知識や技術を習得するためには、座学による幅広い教育と、演習による実践的な教育が必要です。九州大学が提供するサイバーセキュリティ講義とセキュリティに関する演習で一緒に学びましょう。
  • 慶應義塾大学
    大学院メディアデザイン研究科・教授
    砂原 秀樹 Hideki Sunahara

    セキュリティは、技術だけでなく、法律、社会制度、政策、経営、倫理、心理学などさまざまな知識が必要となります。ここでは、こうしたさまざまな知識を学ぶとともに、仲間と連携して問題解決にあたるためのスキルを身につけます。みんなと一緒に広範囲な知識を得、自分の味方となる仲間を作りましょう。
  • 東京電機大学
    未来科学部・教授
    猪俣 敦夫 Atsuo Inomata

    私たちを取り巻く情報を守ること、今や誰もが避けることのできない問題の1つです。本プログラムは、サイバー攻撃などいわゆる技術的な視点だけでなく、 人と人の間で情報共有をしていく力の醸成も大きな特徴です。
  • 情報セキュリティ大学院大学
    情報セキュリティ研究科・研究科長・教授
    後藤 厚宏 Atsuhiro Goto

    セキュリティエキスパート人材育成で実績を積み上げてきた情報セキュリティ大学院大学のカリキュラムをベースに、学部生の皆さん向けの演習コースを用意しています。社会で役立つ実践力アップに活用してください。

■ enPiT-Security 連携校(実施学部等)

  • 東北大学
  • 工学部電気情報物理工学科(情報知能システム総合学科)
  • 北海道大学
  • 工学部情報エレクトロニクス学科
  • 北陸先端科学技術大学院大学
  • 情報科学系
  • 大阪大学
  • 工学部電子情報工学科/基礎工学部情報科学科/理学部数学科
  • 奈良先端科学技術大学院大学
  • 情報科学研究科
  • 和歌山大学
  • システム工学部
  • 岡山大学
  • 工学部電気通信系学科/情報系学科
  • 九州大学
  • 工学部電気情報工学科計算機工学課程
  • 慶應義塾大学
  • 理工学部/総合政策学部/環境情報学部
  • 東京電機大学
  • 未来科学部情報メディア学科
  • 情報セキュリティ大学院大学
  • 情報セキュリティ研究科

■ 受講生募集

世界に通用する技術者を目指そう

enPiTでは、他大学の仲間と学びの場を共有し、短期集中合宿やグループワークを通して、産業界が求めるリーダーシップ力やチームマネジメント力などを習得することができます。
将来、社会で活躍する際に必要なスキルを磨く絶好の機会です。皆さんの受講をお待ちしています。

■ 参加校募集

知見を蓄積、共有することで実践的な教育を実施します

enPiTでは、連携校が開講するカリキュラムを受講することができます。
また、指導者である先生方はPBLの実施ノウハウや基礎知識を習得するための教材や研修等の機会が提供されます。自学の学生育成と若手教員育成に関心がある大学はenPiTの活動にぜひご参加ください。

■ 連携企業募集

次代を担う人材をいっしょに育ててみませんか

enPiTでは、専門的知識に加え、チームワーク・コミュニケーションスキルを有する実践力を備えたリーダーを育成します。
この育成の過程で企業に直接係わっていただくことは、より効果的な育成プログラムを実現する上で不可欠です。
連携企業としての参加をお願いします。

■ プログラム全体についてのお問い合わせ

東北大学 大学院情報科学研究科 実践的情報教育推進室 TEL:022-795-6095

  Email:info@seccap.jp

■ 各大学のお問い合わせ先

東北大学 大学院情報科学研究科(SecCap担当)

  Email:tohoku@seccap.jp

北海道大学 情報基盤センター(SecCap担当)

  Email:hokudai@seccap.jp

北陸先端科学技術大学院大学 情報科学系(SecCap担当)

  Email:jaist@seccap.jp

大阪大学 大学院工学研究科(SecCap担当)

  Email:osaka@seccap.jp

奈良先端科学技術大学院大学 総合情報基盤センター(SecCap担当)

  Email:naist@seccap.jp

和歌山大学 システム情報学センター(SecCap担当)

  Email:wadai@seccap.jp

岡山大学 大学院自然科学研究科(SecCap担当)

  Email:okayama@seccap.jp

九州大学 情報基盤研究開発センター(SecCap担当)

  Email:kyudai@seccap.jp

慶應義塾大学 大学院メディアデザイン研究科(SecCap担当)

  Email:keio@seccap.jp

東京電機大学 未来科学部(SecCap担当)

  Email:tdu@seccap.jp

情報セキュリティ大学院大学 情報セキュリティ研究科(SecCap担当)

  Email:iisec@seccap.jp